文書比較ソフトの Diff Doc

Diff Doc 更新履歴

Word、Excel、PDF、テキストファイルを比較できるファイル比較ソフト

本ページでは、 Diff Doc の更新履歴をご案内します。

14.50 の主な変更点 - 2020.5.7

  • XLSX ファイルの比較: 「詳細指定」タブの「Excel データクイック抽出」オプションを使用した場合、ファイルが空白を読み込む問題があったが修正した。

14.00 の主な変更点 - 2020.1.6

  • 新しいコマンドラインスイッチ /CLEARHISTORY を追加した。個人のセキュリティの観点から、このスイッチは、アプリケーションに対し、プログラムの前回実行中に作成された比較データのヒストリーを読み込んだり、保存させないようにします。アプリケーションを使用する度にこのスイッチを使用しない場合、ヒストリーの情報が DiffDoc.ini に保存されるのでご注意ください。%appdata%\Softinterface, Inc\DiffDoc にある DiffDoc.ini ファイルから情報を消去できます。

13.70 の主な変更点 - 2019.12.12

  • 管理者権限を持たないユーザーも言語ファイルが利用できるようになった。

13.50 の主な変更点 - 2019.11.21

  • ドキュメントを更新した。
  • チュートリアルビデオをアップデートした。Youtube で提供するようになった。

13.30 の主な変更点 - 2019.6.1

  • ユーザーインターフェース:ブラジル-ポルトガル語に対応した。

13.20 の主な変更点 - 2019.3.8

  • ユーザーインターフェース言語選択ダイアログで不具合があった。右上の×印を使用して閉じた場合、英語表示に戻す問題があったが修正した。

13.00 の主な変更点 - 2018.10.29

  • Office 2019 に対応した。Office 365 の最新版に対応した。
  • Video を適切に表示できるようにドキュメントを更新した。

12.50 の主な変更点 - 2018.4.18

  • DOCX 比較: DOCX のインポートがさらに堅牢になった。
  • RTF 変換: 最後の段落の段落フォーマットが正しく出力されないことがあったが修正した。
  • RTF 変換: ファイルに'Code 128'フォントが含まれている場合、エラーが発生することがあったが修正した。

12.20 の主な変更点 - 2017.12.14

  • ファイル比較:OpenOffice (*.ODT) ファイルタイプに対応した。 - ODT ファイルを開くことが可能な MS Word のバージョンが別途必要

12.02 の主な変更点 - 2017.6.26

  • フォルダ比較:更新中に、"中止"ボタンが隠れていたが修正した。
  • フォルダ比較:複数のフォルダ比較ウィンドウを開いていた場合、アプリケーションを再起動した後に問題を引き起こしたが修正した。

11.60 の主な変更点 - 2017.3.21

  • ユーザーインターフェースをアップデートした。フォントが 25 % 大きくなり、大きなモニターで使用する場合、快適になった。

11.50 の主な変更点 - 2017.1.27

  • ファイル比較:HTML レポートのみ - 差異がレポートに表示されなかったが修正した。

11.40 の主な変更点 - 2017.1.23

  • コマンドラインスイッチ /? が動作するようになった。ヘルプファイルはシャットダウンしていたが、ヘルプ URL を開くようになった。

11.30 の主な変更点 - 2016.12.16

  • ドキュメントの更新:オンラインドキュメントがデバイスに対応し、利用しやすくなった。
  • ドキュメントの更新:ローカルヘルプファイルが、前回ヘルプ実行時のウィンドウサイズと位置を記憶するようになった。

11.20 の主な変更点 - 2016.12.1

  • バージョン 11.10 で、 DOCX ファイルを比較する際、"このファイル形式では互換モードは禁止されています"旨のエラーが起こったが修正した。

11.10 の主な変更点 - 2016.11.23

  • サービス内でアプリケーションのラッピングができるようにインストール機能を拡張した。

クイックガイド

その他のファイル変換

AdD 製品ホーム