複数の変換タスクを設定した変換ジョブを作成し、実行したい(基本操作) – Convert XLS

複数の変換タスクを設定した変換ジョブを作成し、実行する基本操作を紹介します。

【操作手順】

  1. [新規] ボタンをクリックします。
    変換ジョブの作成と実行
  2. まず、1つ目の変換タスクを設定します。[実行するアクションの選択][変換する入力ファイル/フォルダの選択][出力ファイル/フォルダの選択とファイル形式の選択] の各欄を設定します。
    変換ジョブの作成と実行
  3. 設定後、[追加] ボタンをクリックします。
    変換ジョブの作成と実行
  4. 1 つ目のタスクが、一覧に追加されます。
    変換ジョブの作成と実行
  5. 続けて、2つ目の変換タスクを設定します。[実行するアクションの選択][変換する入力ファイル/フォルダの選択][出力ファイル/フォルダの選択とファイル形式の選択] の各欄で設定後、[追加] ボタンをクリックします。
    変換ジョブの作成と実行
  6. 2つ目のタスクが、一覧に追加されます。
    変換ジョブの作成と実行
  7. メニューバーの [ファイル][変換ジョブを名前を付けて保存] を選択します。
    変換ジョブの作成と実行
  8. [保存] ウィンドウで、[ファイル名] 欄に任意の変換ジョブの名前を入力し、[保存] をクリックします。これで、変換ジョブを保存できました。
    変換ジョブの作成と実行
  9. 保存した変換ジョブを呼び出して実行するには、メニューバーの [ファイル][変換ジョブを開く] を選択します。
    変換ジョブの作成と実行
  10. 変換ジョブのファイルを選択し、[開く] をクリックします。
    変換ジョブの作成と実行
  11. 変換ジョブに設定されている変換タスクが一覧に表示されます。
    変換ジョブの作成と実行
  12. [変換] ボタンをクリックします。
    変換ジョブの作成と実行
  13. 変換が完了後、正常に完了した場合は、タスク欄右端に完了のマークが付きます。
    変換ジョブの作成と実行