コマンドラインで2つのフォルダ内にある複数ファイルを一括比較

本ページでは、文書比較ソフトの Diff Doc で、コマンドラインを使用して 2つのフォルダ内にある複数のファイルを一括比較して、結果をレポート (.csv) に出力する方法をご案内します。

以下の例では、2つのフォルダ内 (Original と Modified) に含まれるファイルを比較して結果を一括表示して、比較結果をファイルとして出力しています。

【コマンド例】

“C:\Program Files (x86)\Softinterface, Inc\DiffDoc\DiffDoc.exe” /D /M”D:\Original” /S”D:\Modified” /U /T”D:\Report\DiffReport.CSV” /V /X

レポートに表示される内容は以下の通りです。

 

IsFile 比較したファイル名
OnlyInSource オリジナルファイルのディレクトリパス
OnlyInMaster 修正ファイルのディレクトリパス
SizeDifferent ファイルサイズの差異
DateDifferent 更新日時の差異
ContentDifferent テキストの差異

値 (SizeDifferent と DateDifferent を除く)
 0:差異がない (FALSE)
 1:差異がある (TRUE)

SizeDifferentの値
 -1:修正ファイルのサイズが大きい
 1:オリジナルファイルのサイズが大きい
 0:同じサイズ

DateDifferentの値
 -1:修正ファイルの日付が新しい
 1:オリジナルファイルの日付が新しい
 0:同じ日付